大事にしてきた、困った後輩からの報告


最近、学生時代の部活の後輩から連絡があり、後輩がその部門でプロの道に進んだと報告を受けました!

その後輩は、当時私がリーダーを務める部署の、唯一の後輩で、とても可愛がっていて、可愛がるといっても、悪ふざけしたりするふうな感じではなく、他のことが忙しくてあまり参加できないのを許したり、他の部員がどんなにその後輩を私の部署から追い出し、別の、私のことを慕ってくれる後輩を入れることを勧めたとしても、絶対に手放しませんでした。
大事に丁寧に育てて、私が引退するときにリーダーを任せました。

その後輩は、私のことをとても尊敬してくれはいましたが、慕っていたのは別の先輩でしたので、そこまで仲が良いとは言えなかったと思います。
だからこそ、あまり慕ってくれないからこそ、そんな話をする仲でもなかったので、私の後輩のための努力は本人に伝わることはないと思っていました。
それが、最近連絡が来て、報告と同時に感謝されたんです!

慕っていた先輩よりも先に、真っ先に私に連絡してくれたようで、何もかもが救われた気持ちになりました!
見えない努力などない、絶対に誰かが見てくれているのだと、気づきました。

syioraa